ベストケンコーのホームページのご案内

ED治療薬を話し合う会

 

ED治療薬への意見は人それぞれで様々です。「興味はあるけれども副作用が不安だ」「実際にED治療薬を飲んだ人の感想を聞いてから考えたい」というのがED治療薬未経験の方の多くの意見ではないでしょうか?

 

ここではそのような方のためにED治療薬を飲んだことがある40代・50代・60代の男性に意見を聞いてみました。ご購入の前の参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

 

40代:性生活についてといってもどのようなことから話したらいいのか。。

 

質問者:例えば、奥さんとの性生活はどれぐらいですか?

 

40代:よくて1か月に1回。しない時なら3か月くらいないこともあります。おおよそ一年に7回ぐらいではないでしょうか?

 

質問者:それは、奥さんに興味がなくなったからですか?それとも勃起機能が弱まったからですか?

 

40代:妻に興味がなくなったといえば、そうかもしれません。倦怠期というのもあると思います。しかし、「したい」と思っても勃起がうまくできない。出来ないからしようと思わないという理由もあります。

 

50代:私も同じです。「今日はいけるかな」と思って、妻を誘ってみるのですが、途中で萎えてしまうことが多いんです。次にしようと思っても「またダメになってしまうのではないか」と考えてしまうとだめです。そんな時に気持ちを奮い起こして無理やりにでも挑んでみても、案の定ダメなんです。

 

60代:私も性行為には自信というものが大事だと思います。私は40代のころは失礼ですが、現役バリバリでした。妻とも週に2回か3回はしていました。

 

40代:すごいです。

 

60代:私はそのころは、したい盛りでしたね。妻以外の女性とも関係を持っていました。

 

質問者:40代は現役バリバリだとおっしゃいましたが、現在はどうですか?

 

60代:気持ちのほうはそのころと何も変わっていませんが、どうしても勃起がうまくいかないようになってきて。

 

質問者:具体的にはどのようにうまくいかなかったのですか?

 

60代:まずは、硬さが維持できなくなりました。勃起しても半分ほどの硬さしかなくなってしまうんです。いわゆる反立ちの状態です。あとは、勃起状態を維持できる時間が短くなりました。これは妻に飽きているとかそういうわけではなく、だれが相手でも駄目です。

 

50代:そういうものなんですね。わたしは「女房と畳は新しいほうがいい」と思っていました。性行為の相手が変わると、もっと元気が出るのかと思っていました。

 

40代:私も妻以外の女性と何度かベッドインしたことがあるのですが、初めてで緊張していたのか、妻以外の女性でもダメでした。。別に妻の尻に敷かれているとかではなくて。若い子だと「おじさんは駄目ね」といわれるのが想像できてプレッシャーになるんです。

 

質問者:皆さんがED治療薬を飲む前のつらい体験談が聞けたところで、ED治療薬の効果についてお話を伺いたいと思います。

 

40代:正直言ってここまで効果があるとは思いませんでした。下半身だけ二十歳のころに戻ったかのようでした。若いときは普通に歩けないくらいになるでしょう。ズボンはいていても前かがみにならないと歩けないような、ああいう感じです。実は、初めてED治療薬を飲んだ時は妻で試したのですが、「どうしたの?」ととてもびっくりしていました。
ED治療薬を飲んでみてまず感じたことは、この薬はただ勃起させてくれるだけではなく、快感の感度も向上するのではと思いました。

 

大きく勃起することができれば、挿入したときに女性との密着感が上がるので、その結果、コチラの感度も上がっているような気がします。

 

いまでは個人輸入で購入するのでとても便利です。毎回病院で診察をうけてED治療薬を処方してもらうのではなく、自宅からの注文が通販できるんで、処方箋もなしでいいっていうのが楽です。

 

50代:私のその意見には賛成です。

 

60代:私は気持ちよさの点では、ED治療薬の効果があったとは考えていません、いつも道理の感じでした。確かに勃起する勢いは、それまでに試した薬の中でも一番でした。しかし、快感について考えるよりも、副作用への心配が大きく、性行為に集中できませんでした。

page top